簡単に分析ができる
テキストマイニングツール

アウトプット・分析イメージ

テキストマイニング(TextVoice)は、主に以下の6つの分析結果を提供します。

ワードクラウド

言葉の出現量を文字の大きさで表現します。
出現量が多い言葉ほど大きく、少ない言葉ほど小さくなります。
内蔵辞書により類義語を纏めたものを表示しているため、
文章全体でどのようなことが言われているのかを俯瞰することができます。

ワードクラウド:言葉の出現量を文字の大きさで表現

●属性比較(1語)
属性情報(性別、年代、購買頻度、ブランド名など)でセグメントし、属性ごとの特徴を比較分析できます。

<ランキング表示>

ワードクラウド:属性比較(1語)属性情報でセグメントし特徴を比較分析 - ランキング表示

<マップ表示>

ワードクラウド:属性比較(1語)属性情報でセグメントし特徴を比較分析 - マップ表示

ネットワーク

言葉と言葉のつながりをネットワークで可視化します。
また特定の知りたい言葉に絞って、どのような言葉が付随するのか、そのつながりを簡単に知ることが可能です。

ネットワーク:言葉と言葉のつながりを可視化

●属性比較(2語)

<ランキング表示>

ネットワーク:属性比較(2語)ランキング表示

サマライズ

テキストデータにどの様な内容があるのか、最大6つの言葉の組合せを認識して分析結果を要約します。
単語の出現量は組合せに該当すると判断した文の件数で、原文もご覧いただけます。
単語の意味で分類した言葉を2~6つ組合せることで、2つの単語の係り受けでは見えなかった意味での全体構造や、理由、原因、背景、利用のシーンまでが見えてきます。

サマライズ:テキストデータがどんな内容か、最大6つの言葉の組合せで自動分類

フォーカス

言葉のつながりの強さを示す「結束度※」の高い、注目すべき意見を抽出します。
グラフの右上にいくと出現量も多く、結束度も高いので重要な意見と解釈することができます。
そして、左上には出現量は少ないが結束度が強く、必ずこの言葉の組合せで出てくることが多い注目すべき意見として解釈します。

※結束度とは…
・言葉の共起関係を分析した「言葉のつながりの強さ」を数値化したものです。
・下図の赤い矢印線が「短い」ほど「つながりが強い」ことを示しています。
・赤い点線の一定の範囲に収まる、つながりの強い言葉を集めて「6語のグループ」を作ります。

フォーカス:少数でも注目すべき意見を抽出
言葉のつながりの強さを数値化した「結束度」

パースペクティブ

テキストデータに潜在する大きなパターンを読み解くためのマッピングです。
単語の位置関係をみて、近くに配置された内容は背景に共通の動機や意味があると解釈し、どのような共通要因があるのかを考察することができます。

パースペクティブ:テキストデータに潜在する大きなパターンを読み解くためのマッピング

セグメント

読込ませたテキストデータに属性や回答データがあれば、それらと関連する内容を抽出します。
上にある数値の大きい内容ほど該当する属性と関係が強く、逆に、下にある数値の小さい内容ほど関係は弱いと解釈できます。
「女性にはこの様な意見が多い」「若年層にはこの様な傾向がある」「北海道の方はこういう特徴がある」「不満と答えている方はこの様な意見が多い」 「〇〇ブランドを選ぶ理由はXXである」といった知見をテキストデータの分析から見つけられます。

セグメント:属性ごとの特徴ある意見を抽出
TOPに戻る