簡単に分析ができる
テキストマイニングツール

分析事例

2020年10月9日

「プロ野球のナンバー1投手」について

コロナにより今年は例年より3ヶ月ほど遅い6月中旬に開幕となり、レギュラーシーズンの年間試合数が120試合に減少するなど、今までとは異なるシーズンとなっている日本のプロ野球。

今回は、20~70代の方に「あなたにとっての日本プロ野球ナンバー1投手」というテーマの自由回答データを元に、弊社のテキストマイニング(TextVoice)で分析した結果を紹介します。

調査概要

調査対象: 当社のアンケートモニター
調査方法: インターネット調査(ネットリサーチ)
調査時期: 2020年8月末~9月上旬
回答数: 2,880件(男女20~70代、10代刻みで各セル240件ずつ)
調査テーマ: 「あなたにとっての日本プロ野球のナンバー1投手」について
自由記述設問: あなたにとって、日本プロ野球史上ナンバー1の投手は誰ですか。
また、そのようにお答えになった理由を教えてください。(自由記述件数:1,459件)
※プロ野球に「今も昔も全く興味がない」人以外に対して設問を聴取している。
また、分析の際に「特になし・わからない」等の記述は除外している。

●日本のプロ野球に興味があるか。
はじめに、日本のプロ野球に興味があるかを聴取したところ、全体では、現在興味がある人が41.0%、過去含めて今までに興味があったことがある人が61.6%でした。
年代別にみると、20~60代は40%前後、70代は約50%が現在興味ありと回答しています。
また過去を含めたプロ野球への興味では、年代が高いほど興味度が高く、70代では80%近くに上ります。

Q.あなたにとって、日本プロ野球史上 ナンバー1 の投手は誰ですか。(自由記述)
※過去含めて、今までに日本のプロ野球に興味があったことがある人ベース
(プロ野球に「今も昔も全く興味がない」人は対象外。また「特になし」等も除外している。 有効回答数n=1,459)

1~4位はプロ野球在籍年度が重複しておらず、各時代の代表的な投手が上位に来ていることが窺えます。

1位は「金田正一」(16.0%) ※プロ野球 選手在籍:1950~1969年
2位は「野茂英雄」(11.3%) ※プロ野球 選手在籍:1990~1994年、メジャーリーグ選手在籍:1995~2005、2008年。
3位は「田中将大」(8.8%) ※プロ野球 選手在籍:2007~2013年、メジャーリーグ選手在籍:2014年~。
4位は「江川卓」(7.4%) ※プロ野球 選手在籍:1979~1987年。

5~8位をみると、4人中3人は日本プロ野球・メジャーリーグの現役選手となっています。

5位「江夏豊」(6.0%) ※プロ野球 選手在籍:1967~1984年。mailt
6位「ダルビッシュ有」(5.8%) ※プロ野球 選手在籍:2005~2011年、メジャーリーグ選手在籍:2012年~。
7位「大谷翔平」(5.8%) ※プロ野球 選手在籍:2013~2017年、メジャーリーグ選手在籍:2018年~。
8位「菅野智之」(5.4%) ※プロ野球 選手在籍:2013年~。

次に、年代別にランキングをみていきます。

各年代の1位は、20代は「田中将大」、30~40代は「野茂英雄」、50代は「江川卓」、60~70代は「金田正一」となりました。30代は上位が拮抗している一方、70代は「金田正一」が他を引き離してTOPとなっています。

次に、別途自由回答で聴取した「日本プロ野球史上 ナンバー1投手だと思った理由」について、全体ランキング上位8名に焦点を当てて、マイボイスコムが独自に開発したテキストマイニングツール(TextVoice)で分析した結果をご紹介します。

●テキストマイニング(TextVoice)とは
マイボイスコムが独自に開発したテキストマイニング・ツールです。類義語辞書の自動作成機能により、その日から簡単操作でテキストマイニングが始められます。アンケートの自由記述や、問い合わせ履歴、口コミなどを分析することで、効率よく課題やニーズの発見などにご活用いただけます。

Q.あなたにとって、日本プロ野球史上 ナンバー1 の投手は誰ですか。(自由記述)
Q.前問でそのようにお答えになった理由を教えてください。(自由記述)

TextVoiceのワードクラウド(マップ図)機能を使い、ランキング上位8投手それぞれで出現頻度の高い上位10個のワードを「マップ表示」の機能で比較し、回答者のコメントで特徴のあるワードを抽出しました。
○肌色のワード・・・各投手固有の特徴。
○灰色のワード・・・複数の投手に共通する特徴。

★各投手の特徴的なワードに焦点を当てて原文と照らし合わせると、以下のような個性が導き出せます。
「金田正一」・・・弱小チームの国鉄でも勝利数を重ね、前人未到の400勝を達成した。
「野茂英雄」・・・日本人で(メジャーリーグに移籍した)パイオニア。トルネード投法が印象的。
「田中将大」・・・シーズン連勝(24連勝)記録で楽天優勝に貢献した。
「江川卓」・・・ストレートとカーブでバッターを仕留める、記憶に残る怪物。
「江夏豊」・・・オールスター9連続三振、日本シリーズ「江夏の21球」のエピソードがあり、投球術がある。
「ダルビッシュ有」・・変化球もストレートもレベルが高く、安定感がある。
「大谷翔平」・・打者との二刀流で、日本最速記録を持っている。
「菅野智之」・・エースであり、コントロール・変化球に安定感がある。