簡単に分析ができる
テキストマイニングツール

分析事例

2020年9月11日

飲食店情報の検索について

新型コロナウイルスの感染拡大によって外出が減る中、各飲食店ではテイクアウトやデリバリーの導入などに力を入れています。当社では『飲食店情報の検索に関するアンケート調査』を実施し、最もよく使う飲食店情報サイトやアプリについて、最もよく使う理由4,575件の自由回答データを元に、弊社のテキストマイニング(TextVoice)で分析した結果を紹介します。

調査概要

調査対象: 当社のアンケートモニター
調査方法: インターネット調査(ネットリサーチ)
調査時期: 2020年08月01日~08月05日
回答数: 10,199件
調査テーマ: 飲食店情報の検索に関するアンケート調査
自由記述設問: 最もよく使う飲食店情報サイトやアプリについて、最もよく使う理由を具体的にお聞かせください。(自由記述件数:4,575件)

●テキストマイニングの結果

【出現頻度が高いワード(類義語)】
最初に回答全体の傾向をワードクラウドの機能により分析をします。
※文字の大きさが大きいものほど出現回数が多いワード(=意味でまとめた類義語)
※同じような意味を持つ単語や表記ゆれはTextVoiceの内蔵辞書が自動でまとめます。

〇出現頻度が高いワード:
(1位)使いやすい(970件/20.5%)
(2位)お店(517件/10.9%)
(3位)使い慣れ(448件/9.5%)
(4位)情報(429件/9.1%)
(5位)ポイント(262件/5.5%)
(6位)なんとなく(235件/5.0%)
(7位)口コミ(227件/4.8%)
(8位)わかりやすい(223件/4.7%)
(9位)上位(177件/3.7%)
(10位)割引(148件/3.1%)

「1位の「使いやすい」では『見やすく使いやすい』、8位の「わかりやすい」では『店の感じや食事の内容がわかりやすい』など、操作性や視認性に関する評価が上位に挙がりました。なお、操作性に関しては3位に「使い慣れ」があり、『馴染みがあって使いやすい』といった声も挙がりました。

「また、2位の「お店」では『掲載店舗数が多いから』、4位の「情報」では『口コミや写真など情報が多いから』という意見があり、情報の多さがサイトやアプリの使用理由として重視されていることが窺えます。

他には、5位の「ポイント」で『ポイントやクーポンが使える』、10位の「割引」で『特典や割引がある』など、“お得さ”を重視する声も挙がりました。

一方で、6位の「なんとなく」では『なんとなくみんなが使っているから』というもの、9位の「上位」では『検索すると上位に出てくるから』など、やや受動的な意見も複数挙がりました。

【サイト・アプリごとに特徴的なワードの抽出】
最もよく使うサイト・アプリとして100件以上の回答がみられたものについて、それぞれで出現頻度の高い上位10個のワードを「マップ表示」の機能で比較し、回答者のコメントで特徴のあるワードを抽出しました。

食べログ→1,700件
ぐるなび→1,496件
ホットペッパーグルメ→648件
一休.com レストラン→117件

●<食べログ>の特徴
「評価」「口コミ」が特徴的なワードとして出現し、『星の評価が参考になるから』『口コミが充実してるから』といった声が挙げられました。また、<ぐるなび>と共通で「有名」「上位」が特徴的なワードとして出現し、『よく知られているサイトだから』『検索すると一番上に来ることが多いので』という意見がみられました。

●<ぐるなび>の特徴
<食べログ>と共通で「有名」「上位」が特徴的なワードとして出現しました。また、<ホットペッパーグルメ>と共通で「昔」というワードが上位に出現し、『昔から使っているので、信頼感がある』という声が挙がりました。

●<ホットペッパーグルメ>の特徴
<ぐるなび>と共通で「昔」が特徴的なワードとして出現しました。また、<一休.com レストラン>と共通で「予約」「割引」が特徴的なワードとして出現し、『ネット予約でポイントが貯まるから』『割引クーポンがあるから』といった声が挙げられました。

●<一休.com レストラン>の特徴
<ホットペッパーグルメ>と共通で「予約」「割引」が上位に出現し『サイトが見やすく、予約しやすい』『割引率がいいから』といった意見がありました。また、単独では「価格」「信頼」「プラン」が特徴的なワードとしてみられ、『値段の割に良い店が多いので』『他のサイトに比べて信頼できるから』『お得に食事できるプランがあるから』という声が挙がりました。

飲食店情報の検索では、使いやすい・使い慣れていて、お店など情報量が多いサイト・アプリが利用されていることが窺えます。
また、利用者が多い「食べログ」と「ぐるなび」が知名度や口コミの充実度でリードする一方、「ホットペッパーグルメ」と「一休.com レストラン」は、ネット予約の利便性や固有の割引プラン、信頼性といった点で対抗している状況が示唆されました。